アレー・エリートを選んだいきさつ

600kmも離れた里帰り先からやってきたアレー・エリート

600km先からお持ち帰りしてきたアレー・エリート

最近ワケあって「bluetooth」にハマっている主ですこんにちは!ロードバイクを始めたことで英語のサイトもよく見るようになりました。いやー勉強になります。

さて、アレー・エリートをIYH!した流れについて前回ちょっと触れました。ここでは、なんでこの車体を選んだのかを、初心者なりの理由で忘備のつもりで書きます。

出せても13万円まで、それが入門者心理の壁

運動不足解消とダイエット、そして新たな趣味探しが目的だった今回のロードバイク購入ですが、必需品ではないうえ未知なるアイテムの買い物につき、僕の場合では月1万円×12回+税くらいが出せる予算の最大値でした。もし買ったあとにこれはムリだとなった場合でも、その精神&家計ダメージにここまでなら耐えられるという意味で。

実売価格では、2016モデルの新車完成車で以下のモデルが主な候補でした。

このうち(ローカルな理由になりますが)自宅から最寄の順にキャノンデール&スペシャライズド・ジャイアント・トレックのショップが存在しました。ジャイアントとトレックはクルマで1時間ほどとビミョーに遠い場所かつ通販不可の方針だそうで、ショップに行ったらその場で決め打ちしてしまいそうなかんじ(自分の性格的に)。キャノンデールとスペシャライズドは、なんとなくベテラン向けで実売価格もそれなりに高い印象。ということで、いつか都会へ出かけた折に、展示車豊富な大型ショップでメリダやビアンキ、あるいはスコットの実車も触ってみて、気に入ったものがあれば、家に帰ってから精神を落ち着けて気合でポチるのもアリかと思っていました。

ところが結局は、前回書いたように、2016年初めに大幅プライスダウンしたアレー・エリートを、見た瞬間イヤッホしちゃった、と(笑

ハンドルすっきりの新ティアグラがよいかんじ

新ティアグラは「触覚」がなくなってハンドルまわりがすっきり

新ティアグラはワイヤーの取り回しをすっきり化。「触覚」がないのは大きなポイント

情報収集の段階で、完成車を買うならシマノ105(11速)以上のコンポが良い!といろんなところで書かれているのを目にしましたが、それが初心者である僕にとってどのような価値があるのかは、体感としてよくわかりませんでした。

13万円ほどの予算では105完成車は昨年来のモデルを通販か中古で狙うしかなく、しかもフル105ではなくてミックスコンポなのが主な状況です。それなら、最新のものを少しでも低価格で探せることから、新しくなった4700系ティアグラ仕様にも注目していました。

ちなみにスペシャライズド・アレー2016モデルでは、アレー・エリートがティアグラで、アレー・SLコンプが105モデルになります。その価格差は上代比で1万円ちょっと・・・・・・うーん早まったか?いやいやいや。

ハンドルまわりが上級コンポ同様にスッキリしているのが自分にとっては新ティアグラ最大のポイントで、ついで車体カラーリングが好みだったこと、そして差額でエアポンプや整備スタンドなども揃えることができたこと。それ以外の、たとえばヘッドチューブやブレーキ周りの仕様、ホイールの違いとかは、どちらかというと乗り始めてから興味がわいてきた部分で、それは今後ロードバイクに対する知識とコダワリが深まってから、じっくり吟味するのが妙味か、と思ったりしています。

嗚呼でも、ここらが沼の入り口なんだろうな(笑

純正で着いてたトークリップペダルがこのモデルの性格を物語る?

純正で着いてたトークリップペダルがこのモデルの性格を物語る?語らない?

廉価パーツを交換するべきか否か、しばらく乗って確かめたいところ

廉価なパーツを交換するべきか否か、しばらく乗って確かめたいところ

まとめ(?)

なんにせよ、まだロードバイクに乗り始めて100kmも走っていません。これからどんどんわかってくる(身をもって知る)ことばかりのハズ。それが楽しみであり、ワクワクしているところです。

できるだけ、ロードバイクに乗れる時間というか環境を作る必要があるのを感じています。それもホットなうちに。もうイベントにもエントリーしちゃったし。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です